多様化しているブランド品の買取方法

冬ともなってくると、年末に大掃除を控えている方も多いと思いますが、この機会にいらなくなったバッグや服などを処分するのも良いでしょう。しかし、年末年始は通常に比べて、お金が1年で最もかかる時期ともされています。どうせなら、処分する予定のバッグや服は捨てるのではなく、買取専門店に出してみませんか。場合によっては思わぬ臨時収入を得ることができるかもしれません。ただ買取ってどうすれば良いの?と気になる方、分からない方も多いかと思いますので、今回はどうやってブランド品を買取させればよいのかをお教え致します。

買取専門店で買取をしてもらうには、主に3種類の方法があります。1つ目が店舗買取です。文字通り、買い取ってほしいブランド品を直接店舗に持っていく方法ですが、この場合は査定担当の方と直接話が出来るところが魅力です。ブランド品の状態などを自分で正確に伝えることができますし、店舗査定は場合によって、依頼者の愛着で買取金額がアップすることもあるからです。査定スタッフがそばにいることでブランド品の保存方法など細やかな部分も聞きやすいです。

2つ目は出張査定です。出張査定は、査定スタッフの方が直接自宅まで出向いて査定を行ってくれます。足が不自由な方や小さなお子さん持ちの方に人気です。自宅から出る必要がないため、その時間を有効活用できますし、外に買い取ってほしい品を持ちだしませんので、移動中に破損や紛失の恐れをなくすことができます。

3つ目はオンライン買取です。買取専門店がインターネット上で公式サイトがある場合、査定のくくりでオンライン買取に対応しているところがあります。そのページを開いてみると、買取専用のフォームが立ち上がるので、住所や名前、買い取ってほしいブランド品の銘柄などを入力しましょう。オンライン買取の申し込みは基本24時間受け付けているため、自分のライフスタイルに合わせて利用できます。その際、買取に出すブランド品の写真をさまざまな角度から撮っておくと、より詳しい査定をしてもらえます。